荒野で生き残る原始的スキル『Bushcraft:ブッシュクラフト』が為になる

今回は、人間力を高めるブッシュクラフトについてまとめました。

0から1を作るスキルは、自然界で生きぬく為に大切なこと事だと被災地を経験して思いました。

必然的かここ数年、より自然的にシンプルを追求した原始的なキャンプスタイルが取り入れられています。

『先人の知識、技術』を頭の片隅に入れて置くと、いざという時 役に立つので参考にしてください。

ブッシュクラフトってなに?

ブッシュクラフトは、林業と木工文化が盛んなことから北欧が発祥とされています。自然の中で生き残るために必要なスキルを身に付ける事で未開地での生活方法や現地での食料、飲料水の探し方など知識を高める事です。

生きるための根本を身につけることです。

例を上げると、極寒の山中で眠っていても一日中燃え続ける焚き火台を考えたり、身の回りにあるもので小屋を建てたりします。必要なものは自然界に存在する物を活用し、手作りで自作する技術等があります。

ブッシュクラフターが教えてくれた緊急時の対処方法

最初にすべきことは冷静さを保つことです。パニックな状態はポジティブな結果を生みません。緊急時は自分がやらなければならないことを明確にしましょう。

要するに『飲んで、食べて、呼吸して、暖をとる』ことを優先事項にすることで、すべき事が明確になります。

人間は『呼吸なしで3分間、水分摂取なしで3日間、そして食事なしで3週間』生きることが可能とされています。

緊急時の場合まず優先すべきことは水をえることです。

エネルギーを消費しなければ、一般的に1リットルの水で4日間生きる事ができます。

体内の水分を消費しないようにするには

・体温を上げないように日中は日陰に入る
・運動は極力避ける(緊急時の場合すずしい夜の時間帯に行動する)
・タバコを吸わない事
・食べ物の消化には大量の水分を使うので最小限に。(脂肪の多い食べ物や甘い食べ物は避ける)
・口からの呼吸ではなく、鼻から呼吸する事

水分を回収するには

・水は、地面に入るか流れるかのどちらか。流れる水を探すには谷の底に行く事です。下に行くことで小川を見つける可能性が上がります。
・近場に墓場があれば水場にありつける可能性が上がります。
・防水シートを広げて雨を集める。
・溝のある容器があれば大量の雨水を回収できます。

緊急時、自然の中で食べれるものを見つける方法

これは非常に複雑で、身が危険になる場合があります。しかし最終手段として知らない植物を摂取する場合テストをすることをオススメします。毒にあたってしまった場合、大量のお湯を飲み喉を刺激し吐き出してください。

・肌にこすり数分間まつ。肌に何か違和感を感じたら諦めましょう。
・15秒間唇に切り取った部分を置く。反応があれば諦めましょう。
・舌先も同様です。
・一口噛んで、吐き出してください。それで様子をみてください。
・適度な大きさのものを飲み込む。5時間は飲んだり食べたりせず待たなければなりません。問題がなければ食用になる可能性が高いと考えられます。

幻の山菜 アイヌネギの収穫方法

ブッシュクラフトといえば『Tao outdoors』

TA Outdoorsを運営している冒険家の Mike Pullen氏。動画を見たらすぐに只者ではない事がわかります。

正真正銘のブッシュクラフターです。

ブッシュクラフトを知りたければ彼の動画をみると悩みや、問題を解決してくれます。

加えて、実際の父と一緒に運営している釣りチャンネルはイギリスで大成功を収め現在ヨーロッパ最大のチャンネルになっている強者親子です。

『TA Outdoors』がオススメするブッシュクラフトギア

※ブッシュクラフトを学ぶ為に本来道具など必要ありませんが、あなたを助けるアイテムがあります。

■料理、薪わり、木の伐採をアップグレードしてくれる優れもの

■圧倒的スピードで、でかい木材を処理するのに優れているブッシュクラフトソー

■BUSHCRAFTバックパックで旅を完璧にする

■丈夫で軽いチタン製アイテムは想像以上に重宝する

■蚊帳つきハンモック*パップテント*タープ(シェルター)

■冬の寝床に役立つコンパクトで軽い長期トリップようのスリーピングパッド

■ブッシュクラフトに適した衣類

まとめ

1800年代にはブッシュクラフトと言う単語が存在していたように、ブッシュクラフト=『生活の知恵』です。自然とともに生き抜いた先人の『知恵、技術』を活用した昔ながらのレトロな手法を手段として生活します。

サバイバルと行為が似ていますが、サバイバルは『状態』とされ、ブッシュクラフトは『手段』と区別されています。

このページがお役に立てば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

■「アイヌモシリ一万年祭」あの日を振り返りアイヌモシリに思うこと。

■北海道全域が地震で停電になった時、ポータブル電源『imuto』が本領発揮した!




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA