次世代通信システム「5G」で盛り上がる日本。世界では既に「6G」の動き

中国情報通信省のIMT-2020(5G)無線技術ワーキンググループの責任者Su Xin氏は、China Securities Journalへのインタビューで、今年6Gのコンセプトスタディが開始されたと発言しました。

過去の通信開発の法則によると、6Gのダウンロード速度は1秒あたり1TBに達することが可能とのことです。

※6Gの研究開発は正式に2020年に開始され、商業化は2030年に開始される予定

現在、5Gの商品化が始まっているなか企業は巨額の設備投資に5Gの投資回収期間が心配されています。それを見据えてか中国は6G以降の次世代ネットワークをたちあげています。

通信技術の向上の背後にある6Gの応用展望、研究状況など記者は清華大学教授、ワイヤレスとモバイル技術研究センターの副所長、および産業情報技術省のIMT-2020(5G)ワイヤレス技術ワーキンググループにインタビューしているので内容をまとめました。

Q:なぜ1Gから今では4Gと5Gへの置き換えがあるのですか?この進化の原動力は何ですか?

蘇新:モチベーションには2つの側面がありますが、一方では技術進歩の推進です。4Gアプリケーションのテクノロジの中には1950年代にはすでに登場しているものもあります。その当時はデバイスの開発が遅れ有効なサポートを形成できなかったため、ここ数年で実現するには長いプロセスが必要でした。例えば、5Gの重要な用途はVR遠隔医療を行うことであり2Gと3Gの時代から導き出されたものですが、4Gでは実現されていません。5Gプロモーションチームが計画の前に需要調査を行ったところ、ユーザーは高性能ネットワークに対する完全な需要を抱えていることがわかりました。いくつかの調査によると、2010年から2020年までに、無線通信事業の少なくとも1000倍の成長が見込まれています。

Q:個人的な感覚で4Gはニーズを満たしていましたが、1ヶ月あたり40Gのフローの90%を使用することはできません。5Gについては、それ以上需要点は考えられません。あなたはこの考えについてどう思いますか?

蘇新:実際には需要がないということではありませんが、事業者はまったく対応する事業を提供していません。現在、事業者が提供できるサービスの種類は基本的に少ないです。ユーザーとしては、トラフィックを消費する必要がないからではなく、既存の4GではVRなどのより豊富なアプリケーションに対応するのに十分ではないため、トラフィックの流れに終わりはありません。5G時代のビジネスは豊かで包括的でなければなりません。前述のVRの例に加えて、産業用制御および産業用インターネットも5Gに対する需要が非常に高く、国内の産業用インターネットは依然として監視が浅く単純であり、大きな用途があります。

Q:5Gが大規模に商品化されていないため多くの商品化の問題は解決されていませんが、この場合、6Gの概念検討が開始されます。早すぎるのでしょうか?

Su Xin:5Gはまだ実現されていないかもしれませんが、今年は6Gのコンセプトリサーチを始めました。5Gで満たされていないその他の要件は?将来の通信ネットワークはマルチレベル、2G、3G、4G、5G、6Gが共存します。6G研究の開始は、5Gの商品化と矛盾しません。一般的に、前の世代は商業的に使用する準備ができています。そして、次の世代は研究を始めました。

Q:5Gが対応できない6Gの可能なアプリケーションとは何ですか?

蘇新:5Gは3つのアプリケーションシナリオ、広帯域幅、低遅延、広い接続を持っています。6Gが5G 3シーンでより良いアプリケーションを達成すると思います。伝送速度は10倍以上向上し、有線および無線ネットワーク構造全体に革命がもたらされる可能性があります。

例えば、現在のところ、ワイド接続での5Gの適用も理想的ではありませんが、このシナリオでは6Gをより広いレベルでより広いスペースに拡張することで、衛星モバイルなど、スペース全体をカバーするネットワークを実現できます。あらゆるデバイス間の真のユビキタス情報転送を実現するために、すべてのものの本当の時代がつながっています。

「国際電気通信標準化機構の3GPPの定義によると、5Gは3つの主要なアプリケーションシナリオをもたらします」

・eMBBの広い帯域幅:理論上のダウンロード速度は1秒あたり10GBに達します。これは現在の4Gの​​伝送速度の10倍です。
・uRLLC低レイテンシ:5Gの理論上の遅延は1ミリ秒で、これは4G遅延の10分の1で、基本的に準リアルタイムレベルに達します。
・mMTCワイド接続:5G単一通信セルに接続することができるIoT端末の数の理論値は100万に達し、これは4Gのそれの10倍以上である。

Q:2020年に6Gが正式に研究され、2030年に6Gが商用利用されます。このタイムテーブルはどのように決定されますか?現在行われている6Gコンセプトスタディは何ですか?

Su Xin:これは前世代の進化のペースに応じて決定されますが実際にはそれほど時間はかからず2027年と2028年に商品化され、2030年に商品化される見込みです。私たちのワーキンググループの観点から見ると、6Gの概念研究は主にいくつかの合意を達成するのを助けるためにアプリケーション要件に関するいくつかの研究を行うこと、そして各ユニットによって行われた研究の段階です。どのテクノロジーが5Gの進化の一部であり、どのテクノロジーが6Gの新しいテクノロジーの1部であるかを確認する流れになります。

Q:通信技術の世代と世代の進化の終点はありますか?

Su Xin:G(世代)によるコミュニケーションの進化は6Gに達すると思いますが、6G以降はGの時代ではないかもしれません。私たちのいわゆる世代は、前の世代の伝送速度、アプリケーションシナリオ、サービス品質などを本質的に変える一連の技術あるいはシステムを持たなければなりません。将来的には元の世代の開発をサポートするのに十分な単一または複数の革新的なテクノロジーが存在する可能性があります。これを新世代と呼ぶことはできませんが通信テクノロジーは進化しています。

最近、烏鎮で開催された第5回世界インターネット会議では、今年5月末に中国の5Gスペクトラムライセンスが発行される予定であると発表しています。チャイナモバイルは、2019年前半に5Gスマートフォンを発売すると明確に述べています。ファーウェイ、OPPO、Xiaomiも2019年前半に5G携帯電話を発売すると発表しました。

しかし、5G兆規模のコストを考慮してSu Xinは5Gの規模拡大は非常に遅くなり、5Gの商業化は完全に網羅されることを意味するものではないと述べました。

いずれにせよ、Wind 5Gインデックスは何日もの間上昇してきました。11月12日、風力5G指数は3.35%上昇し、5個の5G概念株のうち51個が上昇した。Chunxing Seikoには2日連続の取引日数の制限があり、Shennan株には3日の連続取引日数の制限があります。

CITICの分析によると、5Gの基地局建設は4G時代の1.3倍になると予想されていますが、通信機器のサプライヤであるZTEとFiberhome Communicationsそして基地局のアンテナサプライヤであるJingxin Communication and Tongyu Communicationに注目することをお勧めしています。

サプライヤーShennan Circuit、Hudian株、および5G光モジュールの主要サプライヤーGuangxun Technology、Zhongji Xuchuang。

2月21日トランプ大統領は「5G、さらには6Gができるだけ早く米国に上陸することを願っている」 とツイートしています。

「5G」:第5世代移動通信システムが動きだした。AI/IoT/VR/AR

2019-01-26




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA