「5G」:第5世代移動通信システムが動きだした。AI/IoT/VR/AR

テクノロジー関連を調べると、誰もが今Gについて話題にしています。5Gネットワークが何を意味しているのか。

今より100倍早くなる第5世代移動通信システム「5G」良くも悪くもこの流れは止まらない。

5G通信とは?


規格化が進む次世代の5G通信は、無線通信におけるシステムの名称で、ゴジーやファイブジーと呼ばれています。

これまで、3Gや4Gなどのモバイルブロードバンドネットワークは、人間のニーズに合わせ開発されていましたが、5Gはマシンのニーズのため作成され高速に処理速度を上げる帯域幅(Hzヘルツ)の数を増やすことが必要とされます。

5Gの意味は第5世代で、これまで改良されてきた通信規格の5代目を意味します。また、かつての3.6Ghz以下の周波数帯だけでなく、5Gでは28GHZという高周波数帯も活用されるのが特徴です。

しかし、これらの高周波は長距離通信にやや不向きなので、実用化には技術的に工夫を行う必要があるようです。より広いエリアを確保しつつ、環境に合わせて周波数を切り替えたり活用する、この柔軟性の獲得が5G通信におけるポイントとのこと。

5Gは主にスマホで利用される予定の規格で、現行の4Gの後継にあたる存在です。ストリーミングの普及と高画質、高音質のニーズが高まったことで、5G通信の策定が本格化したようです。人間の欲望が凄い

高速度と大容量をキーワードに、複数端末の同時接続や低遅延など、求められているニーズが採り入れています。5G通信はスマホだけでなく、いわゆるIoTも視野に入れて、開発や実用化が進められているのが注目点となります。

場所を選ばずにストリーミングでスポーツ観戦ができたり、高頻度の通信を遅延なく行うことで、身近な情報が素早く手に入るような社会が実現します。速度に限れば、LTEの100倍にも達するとされているので、まさに次世代通信の名前に相応しい性能に期待可能です。

理論上、5G通信は20Gbpsにもなるといわれていますから、その速度は圧倒的で想像を超えるものです。特定の方向に絞って通信を行う、ビームフォーミングという技術が採用されているので、より高速な通信が実現するわけです。

人々の可能性を広げてくれる注目の技術として注目されています。

4Gから5Gになったら世の中どう変わるの?

現在の4Gから5Gになると、画像や動画に使える通信帯域が広がって、画質が向上したりより高精細になります。4Gとの違いが誰にでも分かるポイントはこれで、視聴するコンテンツの視覚的な変化が特に大きくなるようで。

また通信に余裕が生まれることから、視聴者の感情変化をデータにして送信する、フィードバックのようなものも想定されます。自分以外の視聴者がどういった気持ちになっているか、それを多くの人達で共有するようなコンテンツが登場する可能性があります。

他にも、5Gで繋がるIoTが公共空間に普及することで、それらのものから情報が得やすくなります。交通機関におけるナビゲートを始めとして、お店での商品紹介やおすすめなど、色んな情報がものから人へ届けられるようになると考えられます。

単なる通信速度の向上に留まらない、これこそが5G。様々な可能性を感じさせたり変化をもたらす技術的な魅力です。いつから5Gなるの?という疑問に対しては、現在2020年の実用化を目指して計画が進められていると答えられます。

具体的な日付は決まっていませんが、現在までの開発状況や情報を統合すると、2020年中に実用化される可能性は高いといえます。ただ、本格的に普及するのは更に先のことで、一般人が5G通信を使用できるのは2020年以降となります。

今後5Gに関する動きとしては、自動運転の安定性向上に繋げる活用や、総務省による活用アイディアの募集があります。高速で遅延が少ない5G通信は、高いリアルタイム性が求められる自動運転と相性が良く、安全性の向上に寄与するとされています。

現在の4G通信では速度と遅延の軽減に限界があり、状況の急な変化に対する素早い対応が困難です。その点、5Gは速度も反応も早くなりますから、周囲の状況が刻々と変化する自動運転の改善、性能向上に役立つと考えられています。

5Gによる総務省の見解

一方で総務省のアイディア募集は、幅広くアイディアを募って5Gに活用しようとする試みです。

究極のパウダースノーを実現したり、画像認識とドローンの組み合わせで、あらゆる効率化をはかるなど、全国からアイディアが寄せられています。

いよいよ5Gの実用化が見えてきましたから、期待感が高まったり普及に近づいている状況です。

2019年の7月には、5GIoTの通信技術の展示会が予定されているので、この機会に次世代通信に触れることができます。

5Gでは、数値的な速度に加えて体感も変化すると見られますから、こういう次世代の端末に触れられる機会は貴重です。

しかし、5Gが普及してもwi-fiはなくならず、依然として人々に必要な技術だとされています。wi-fiもまた進化する規格ですが、5Gと直接的に競合することはなく、むしろ共存し合う関係となるようです。

ポケットwi-fi5G通信に対応すれば、公共でもプライベートにおいても、もっと快適な高速通信が楽しめるようになります。

将来的に一本化させる可能性もありますが、それはまだ先の話なので、当面は2つの規格が人々の生活を支えるとされています。

5G通信の危険性・デメリット


この動画には、所々専門用語が登場しますが、今後の生活に関わる重要な情報が含まれます。是非、最後までご覧ください。

・次世代高速通信の危険性

『第世代』ネットワークは世界の科学界にとって関心ごとで、2017年には37カ国から170人の研究者が5Gの健康被害について述べています。無線周波数は体内の発ガン性物質を増加させると世界保健機関(WHO)、国際癌研究機関(IARC)が警告しているのが現状です。

・電磁放射線への暴露により証明された危険性。

2015年には40ヶ国以上の220人の科学者が体内の影響について答えています。


・ガンリスク増加
・細胞ストレス
・生殖器系の機能変化
・記憶障害
・遺伝的損傷
・神経障害
・植物や動物の生命に有害な影響をもたらす証拠データが増えています。

学校や、メディアでは電磁波について教えてくれないので自主的に調べ、考え、行動に移すきっかけになることを願います。

・5Gを普及させるデメリット

5Gを世の中に普及させるには対応端末に買い換える必要があって、サービスを提供する側も対応する必要があることです。既存の設備を置き換えることになるので、何かとコストが発生したり、現行の4Gがそのまま使えないなどのデメリットが生じます。

ただし、それほど大掛かりな刷新ですから、5Gが当たり前になれば世の中は大きく変わるものと思われます。

電磁波から身を守る方法。

電磁波は生活環境の中ですでに関係しています。身近なもので多くの電磁波を出しているのは電子レンジ、液晶テレビ、スマートフォン、パソコン、自家用車です。

電磁汚染から健康を守るため電磁波を回避するアイテムが出品されています。2011年に世界保健機関(WHO)は携帯電話をクラス2B発癌性物質として宣言しました。

スマートフォンの取扱説明書を読むと、体に触れるポケットなどにスマホを入れて持ち歩くことを警告しています。

スマートフォン 電磁波 防止 シール WAVESAFE

スマートフォン 電磁波 防止 シール WAVESAFE

2,138円(06/16 06:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

【このような方にお勧めします】携帯電話・パソコンなど身の回りの電磁波にお困りの方 / 疲れ目、肩こり、冷え性、偏頭痛、不眠、肌荒れ、慢性疲労、ストレスを感じている方 / 仕事、勉強、スポーツに集中力・持久力が欲しい方 / 疲労回復などの体調管理、電磁波過敏症や花粉症の軽減を図りたい方

キューリンク アクリルペンダント (ホワイト)

キューリンク アクリルペンダント (ホワイト)

12,980円(06/16 06:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
ミニレヨネックス

ミニレヨネックス

10,800円(06/16 06:56時点)
Amazonの情報を掲載しています




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA