「イーサン・ホーク主演」フリーエネルギーの使い手ニコラ・テスラの映画が2020年公開決定!







IFC Filmsは、Cinetic MediaとMillennium Mediaから米国の権利を取得した。

Michael Almereyda(ハムレット、マージョリープライムエクスペリメンター)は、代替電流モーターを作成するための電気技師であり、トーマスエジソンのライバル、ニコラテスラについて映画撮影しました。

イーサンホークと共演しているのは、イブヒューソンカイルマクラクラン、ジムガフィガン、ドニーケシャワルツ、レベッカダヤンジョシュハミルトンルーシーウォルターズです。

IFC Filmsは、2020年8月7日のリリースを予定していると語った。

「これは長い旅でした。Ethan HawkeとIFCとのコラボレーションに満足しています。この脚本は37年前に書かれたもので、ミレニアムと関係者全員のおかげで、2020年今年の夏に観客に見てもらうことができ誇りに思っています」と述べました。

テスラは、2017年にマージョリープライムでアルメレイダが優勝したパークシティのアルフレッドP.スローン長編映画賞を受賞しました。
華麗で陰気な発明家ニコラテスラ(イーサンホーク)は、彼の革新的な電気システムを実現するために困難な戦いを繰り広げます。

発明者の仲間であるトーマスエジソン(カイルマクラクラン)の欲求にますます不満を抱くテスラは、革新的な交流モーターの作成に向けて彼自身の高潔で困難な道を切り開いています。

テスラのヨーロッパ性質はアメリカの産業主義と対立しており、知的財産の風景は危険であると言っています。

サンダンス映画祭のベテランイーサンホークが、マイケルアルメレイダ(英雄、マージョリープライム)が監督するこの魅力的な歴史的作品は、テスラの論争、法廷闘争、起業家の衝突、そしてロマンチックな関心事によりアルメレイダは利益に苦しんでいる男の肖像を織り交ぜています。

彼の精神的な奥深さは、米国における電力開発のこの再発見を通して発掘され、最終的には発明、産業、貪欲、愛、そして稲妻についての実存的な疑問を投げかけている作品になっているようです。

2020年9月オランダ公開なども決まっているようなので、日本でもいち早く公開されるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。