『The Dead South』西洋圏で絶大な人気を誇るお洒落バンド

アメリカやイギリス、オーストラリアなどの西洋圏で急激に支持率を得ているバンドThe Dead South

現在、日本での知名度はありませんが海外では人々のライフスタイルにまで影響を与えるほど 知名度が爆発的に上がっています。

The Dead Southの音楽性は、かつて流行したフォークソングに似ており、バンジョー、マンドリン、チェロ、ギターでの演奏が中心です。

実際の音楽活動としては、デビューしたのが2012年アルバムはまだ3枚しか出していません。

しかしながら、彼らを映した動画などは支持率があり再生回数が2000万回を超えるものもあります。

ツアーも人気があり、アメリカやカナダなどの英語圏だけではなく、チェコ、ドイツ、オーストリアなどの中央ヨーロッパでも活動しています。

The Dead Southが絶大な支持を得ている理由は、音楽のクオリティが高いのはもちろんですが現在の人々のライフスタイルに疑問を投げつけ、たくさんの共感者を得ているからです。

音楽性は極めて牧歌的なフォークソング調で、農村地帯を背景に撮影したミュージックビデオもあるほどです。

また、電気を使用したエレキギターやエレキベースでの演奏はせず、古いスタイルを大切にする音楽性も人気の理由の一つとされています。

服装もTシャツなどは着ておらず、白いシャツに黒ズボン、サスペンサーにハットを使用しているなど昔のライフスタイルを連想させる個性的な一面があります。

The Dead Southはスタイルや美貌だけではなく、音楽も刺激的なインパクトを与えるRockin’Stompin’のブルーグラスバンドです。

最近でも、音楽で高い支持を維持しランキングの上位になるのは、ロックバンドなどです。

しかし、The Dead Southがここまで支持を得ているのは古いライフスタイルの良さを改めて人々に提示し、それが受け入れられている証です。

今のところ残念ながら日本でのツアーの予定はないようですが、英語圏以外でもすでに相当なファンがいるので、日本でライブを開催する可能性は今後十分に考えられます。

『THE DEAD SOUTH』ALL Listen”全曲視聴まとめ”

2017最新のツアー情報

 August 16 – Marina Park – Thunder Bay, ON show @ 8:00pm

August 18 – Merritton Legion – St Catharines, ON show @ 6pm

August 19 – Havelock Country Jamboree – Havelock, ON Show @ 2:30pm

August 20 – Interstellar Rodeo – Winnipeg, MB Show @ 2:15pm

August 26 – Waskesiu Lakeside Music Festival – Waskesiu, SK Show @ 5:30PM 

 

関連記事
ニーナ・シモン の後継者 ジョージア・アン・マルドロウ が2019年日本に来る!

FMラジオから流れたT字路sの『暮らしの中で』

The Ocean Went Mad and We Were to Blame

The Ocean Went Mad and We Were to Blame

750円(05/23 14:21時点)
Amazonの情報を掲載しています
Good Company

Good Company

Dead South
1,622円(05/23 14:21時点)
Amazonの情報を掲載しています
Illusion & Doubt

Illusion & Doubt

Dead South
1,781円(05/23 14:21時点)
Amazonの情報を掲載しています




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA