BITCOINは次世代の通貨になるのか?

まいど!波乗り珍道中@blow_kk)です。

5月ですね。みなさんゴールデンウィーク楽しみましたか?地元北海道ではゴールデンウィークと花見シーズンが重なり夜桜が楽しめるシーズンです。

そんな中、ネット上で話題の暗号通貨がゴールデンウィーク爆上げトレンドだった模様。

「信じる者」と書いて「儲」のか!?笑

今回は、暗号通貨について調べて見ました。

そっちょくに普及したら面白い時代到来だなと思った《世界共通通貨》結局お金は信用された便利な物だから普及し、利用されている。そうなると便利を追求したら暗号通貨はインフラさえ整えば便利になる。後はテクノロジーの信用問題かな?ハッキング防止など今後まだまだ大きな課題がありますが、キナガに様子を見ていこうと思います。

これから日本にもキャッシュレス時代が到来します。みんなスマホ持ってる時代ですからね。

俺は原始的な物々交換が1番好きだけど!

キャッシュレス化が進む日本。注目の『メルペイ』仕組み・原理・実用化について

そもそも暗号通貨(仮想通貨)って何?

わかりやすく言うとインターネットを通じて取引や決算を行うことができる新しい決算方法

代表的な暗号通貨(仮想通貨)でいうとBITCOIN(ビットコイン) 2010年5月22日にプログラマーのLaszloHanyecz氏が1万ビットコインでピザ2枚と交換したことが世界初の暗号通貨(仮想通貨)を使った商取引と言われているみたいです。

(現在のレート:1ビットコイン190000円)

※2016年金融庁は暗号通貨を財産的価値と定義し法規制によって暗号通貨の信頼感が高まり、日本でも事業者や利用者が増える見込み

そして言わずと知れた暗号通貨界の異端児チャールズホスキンソン

暗号通貨を知る上で、彼の動画はわかりやすい。

この話が叶えばすごい時代到来ですね。

彼らが目指してる世界は、すぐ目の前まで来ている??

暗号通貨?仮想通貨?怪しい

ブロックチェーンを利用し詐欺をする一部の心無い連中のおかげで、いろんな問題があるのも事実です。

しかし、仮想通貨について調べていくとApple.googlr.Microsoft.NTT.PayPal.Dell.楽天など大企業が暗号通貨を支払い手段として受け入れていく流れのようです。

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を発表したのも話題になりました。『コイン名はMUFGコイン』

2015年にはEU最高裁でビットコインが通貨と判断され、2016年には日本が世界で2番目に仮想通貨を貨幣として認定された?ようです。

暗号通貨~国内取引所~

Liquid
資本金:20億(資本準備金含む)
代表取締役:柏森 加里矢
本社所在地:東京都千代田区平河町2-7-3
Facebook
Twitter

[スポンサーリンク]

投資は全て自己責任

暗号通貨(仮想通貨)に興味があり今後取引を始めてみたいと思われている方は、メリットだけではなくデメリットも知った上で取引しましょう。

仮想通貨の取り扱いを知り、投資する価値、利用する価値を感じた時に行動するのが最善策だと思います。

GOOD LUCK!!

「5G」:第5世代移動通信システムが動きだした。AI/IoT/VR/AR

宇宙に突入!不思議な『量子コンピューター』の世界とは…




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA