神秘すぎる屋久島!もののけの森トレッキング〜白谷雲水峡〜




MA I DO!!波乗り珍道中@blow_kk)です。

白谷雲水峡は、鹿児島県屋久島の宮之浦から約12キロの標高620メートルのところに入口があってそこから想像以上の大自然が広がっている。

DCIM100GOPRO

1979年に林野庁により「人と森林のふれあいの場」として選定され、宮之浦川の支流と白谷川の上流にある面積423.73ヘクタールの白谷川流域の自然休養林です。

照葉樹林からヤクスギ林への移行地帯にあり、屋久島の照葉樹林を代表するイスノキやウラジロガシ、タブノキなどの大木をはじめ、スギやツガ、モミなどの大木もみれました。

渓流沿いにはサツキやホソバハグマ、ヤクシマショウマの群集があり、樹上にナナカマドやコバンモチ、カクレミノなどが着生している樹齢3000年の弥生杉や奉行杉、七本杉など圧倒的な存在感の大きな木が沢山あります。

宮崎駿監督自身が何度も足を運び、映画「もののけ姫」の森のイメージを作ったという「もののけの森」と呼ばれる森で知られてから更に観光客が増えてるようです。

白谷雲水峡のある神々が住む屋久島については、さまざまな伝説が存在している。

古来より「山岳に神々が宿る」と信じられており、「神々が鹿に乗って現れる」や「鹿に森を見回りさせている」などの伝説があるみたいです。

その伝説に伴ってヤクシカを「神々の使い」として接してきたようだ。

かつての屋久島は、島の9割が森林であることと鹿や猿によく出会うことを比喩して、同じ数の人と鹿と猿が森に住んでいたとも言われています。

そのため、鹿や猿たちにとっては住人である人間も島に住む仲間と感じているせいか、人が近づいても逃げようとしないのが特徴。

鹿や猿との関わり合いのほかにも、屋久島では天文の森・釈迦杉には龍が棲むという伝説にちなんだ「十五夜綱引き」が行なわれています。

旧暦の8月15日にカヤで編まれた綱を、頭を月にむけてとぐろを巻く龍神に見立て、満月ととともに崇めその綱で綱引きをするというもの。

また、旧正月や5月、9月の山の神祭りの日に山に降りて来る木の精霊・山姫の笑顔につられて一緒に笑うと血を吸われてしまうという恐ろしい伝説も存在するみたいです。

これには、子どもたちが山奥に行かないことも目的として作られたとも言われているようです。

そんな神秘的な屋久島。是非一度!




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA