若き天才と評されるマニー・カロ(Manuel C.Caro)のサーフボード『MANDALA』が渋すぎる




波乗り珍道中の YouTube サーフィン動画 ”再生回数ランキングTOP10”まとめてみた。

2018-11-27
※この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

世界中のサーファーが愛用しているサーフボードの中でも、特に注目されているブランドの一つがMANDALAです。

若き天才と評されるマニー・カロのシェイプしたサーフボードは、ダイナミックでありながら非常に美しい立体感があり、デザインやアイディアの感性が評価され根強いファンの支持を得ています。

マニーカロがシェイプしたボードはどのようなサーファーも一目で興奮するといわれ、近年ではハル・ムーブメントの立役者となったようです。

サーフボードの常識となった超機能的なミニボードは感度の高いサーファーからも支持されていますし、彼自身が高いこだわりを持っています。

グラスショップにシェイプルームをキープし、洒落た板を造るマニーカロは多くのファンに支持されサーフボードシェイパーとしての評価は非常に高いです。

彼自身がとても優れたスタイルのあるサーファーでもあり、カリフォルニア出身らしい表現性の高い血筋はパフォーマンス性の高さにも現れています。

このようにサーファーとしての表現を知っているからこそ得られるモデルのデザイン性は彼自身のサーフフィーリングのバリエーションが大きく影響していると言われています。

実際に他のサーフボードブランドでよくあるうわべだけのキャッチーなデザインとは完全に別な存在として扱われており、実際に波に乗った時にどれだけ美しく見せることができるか、サーファーの魅力をより高めれるのかを重点的に表現しているとマニーカロはのべています。

マニーカロのシェイプした様々なモデルをまとめると、同じモデルであっても定期的にアップデートしていたり、デザインのバラエティ展開が活発なのも特徴なので、サーフスタイルに合わせて自分にピッタリのデザインやモデル選びをすることが可能になっています。

MANDALAのボード選びをする場合は、事前に店頭でカスタムオーダーをする際に、スタッフと相談をすることで、自分が求めるボードを見つける事が限りなく可能になります。

マニーカロは1枚のボード作りから非常に丁寧で十分な時間をかけてデザイン・シェイプを行うため、製作されるまでとても時間がかかるようです。

そのためカスタムオーダーの納期は長期になる場合がありますが、実際にMANDALAのボードを購入したユーザーの多くは満足のいく仕上がりになったと納得している方が大半だそうです。




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA