サーフィン界の『異端児』ダニエル・トムソン(Daniel Thomson)サーフボードシェイパー、プロサーファーとしての顔

波乗り珍道中の YouTube サーフィン動画 ”再生回数ランキングTOP10”まとめてみた。

2018-11-27
※この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

ダニエル・トムソン(Daniel Thomson)プロサーファーとしても活躍していますが、シェイパーとしての評価も高く注目されている一人です。

彼の才能は一言ではまとめられないほど優れた能力を持ち合わせているので、そんな一面をまとめました。

ダニエル・トムソンは、オーストラリアのレノックスヘッド近くにあるリズモアと呼ばれる街で生まれました。

人生で初めてサーフィンを行ったのは、ダニエル・トムソンが3歳のときです。

サーフボードのシェイプを最初に体験したのは5歳のときだと記録されています。

小さい頃だったというのもあり、世の中のことを理解し始める年齢になったときには、自分の周辺にサーフィンをするという環境が完備されている状態だったようです。

そのことがダニエル・トムソンにとってごく普通のことだったようです。ダニエル・トムソンにとってサーフィンは非常に身近なものであり、ただ単にスポーツをするという領域を超えアートとして日常に取り入れていたようです。

新たな可能性を引き出し、なおかつマジリケのない思いで波に乗ることをポリシーとのべ、そのために自分にできる方法を常に模索し続けているようです。

自分が形作っているボードを介して斬新でたくさんの人に注目させるサーフボードを作り出したいとダニエル・トムソンは願っているようです。

これまでプロのサーファーとして素晴らしい実績を残してきたダニエル・トムソンは、現在デザイナーとしても活躍の幅を広げています。

彼が手がけているサーフボードの知名度も非常に高く、多くの人から支持されています。

ダニエル・トムソンのこだわりで、サーフボードは必要のない部分を取り除くということを徹底して行っているようです。

機能性が優れているということはもちろんですが、デザインなどもアーティスト目線からのこだわりがありサーフボードシェイパーとして周囲に一目置かれている存在です。

ビックウェーブといった波に対応するサーフボードだけでなく、小波でもきっちりとサーフィンができるボードも開発しているのも特徴です。

さらに、水の流れを効率よくすることを可能にした流体力学をサーフボードに取り入れているのも彼の強いこだわりです。

ダニエル・トムソンのサーフボードを手にした人は、より次元が高いところでサーフィンを楽しんでもらえるよう、日々手がけているようです。

 




Google Adsense

このVLOGは第三者配信の広告サービス「Google Adsense 」を利用してます。

Cookieを無効にする設定やGoogle Adsenseに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA